他人を死傷させた場合に補償される対人賠償保険

交通事故で他人を死傷させたら

自動車を運転していて交通事故を起こして他人を死亡させたり負傷させたりしたら、運転者は事故の責任を負って慰謝料や治療費について賠償義務が生じる場合があります。もちろん、被害者側にも事故の原因がある場合には、過失割合が考慮されて加害者の賠償金額が減らされることはありますが、加害者が完全に責任を負わずに済ませることは難しいでしょう。被害者が負傷したら、一般的にはその治療費や入院費だけでなく仕事ができなくなった期間の給与補償も行わなければなりません。もし被害者が後遺障害を負ってしまったら、後遺障害による損害についても賠償義務が生じることもあります。さらに、被害者が死亡してしまった場合は、被害者の収入に応じて決められる賠償金を支払わなければならないのです。

対人賠償保険の内容とは

被害者が後遺障害や死亡に至った場合など、その賠償金は高額になり個人では支払うことが困難になるケースが多いです。そこで、自動車の所有者は車検の際に自賠責保険へ加入することが義務付けられています。自賠責保険は対人賠償の強制加入保険で、被害者が傷害を負ったら120万円、後遺障害なら4千万円、死亡したら3千万円という上限まで補償してくれます。しかしながら、賠償金が4千万円を超える高額になりがちな対人賠償においては、自賠責保険だけでは不十分なケースが少なくありません。自賠責保険で補いきれない部分については、任意保険で補充することになります。任意保険は自動車の所有者であれば誰でも加入することができ、その賠償金の上限は無制限とされているものがほとんどと言えるでしょう。

© Copyright Types Of Insurance. All Rights Reserved.