安全なドライバーほど保険料が優遇される任意保険

任意保険と自賠責保険の違いとは

自動車を運転していると事故に遭遇する事がありますが、加害者にも被害者にもなってしまうリスクが存在します。事故が起きた時に安心して対応するには、自動車保険が重要になってきます。自動車保険には自賠責保険と任意保険が存在しますが、加入義務に違いがあります。自賠責保険は自動車を購入した時に必ず加入する必要があり、自賠責保険に加入していない状態では車検を通す事ができません。
任意保険は運転者が自由に加入する事ができるので、自由度に違いがあり、自賠責保険は事故の相手に対する補償だけですが、任意保険であれば、自分への補償も受けられるメリットがあります。事故が起きた時に自分自身が怪我をするリスクはあるので、任意保険に加入していない状態で運転すると、事故が起きた時に大変です。

等級によって任意保険の料金は変動します

任意保険は自賠責保険と異なり、自由に加入する事ができますが、色々な保険があるので、運転手の方が加入する保険を選べます。更に任意保険には等級制度が用意されており、等級が上がる程に割引率が高くなるので、お得に保険に加入できる状態になります。等級が変動する仕組みは、1年間保険を使うか使わないかで動くので、使わなかった場合は1等級上げる事ができます。
安全運転で無事故の状態を継続すればするだけ、等級が徐々に上がっていくので、保険料の負担が減っていきます。逆に事故が多い方は等級が下がってしまうので、保険料の割引率も大幅に減ってしまいます。安全運転は運転手自身の安全だけでなく、道路を使用している歩行者等の安心にも繋がりますし、任意保険の割引率が高くなるメリットがあります。

© Copyright Types Of Insurance. All Rights Reserved.